行政書士合格ストーリー

行政書士合格ストーリー


行政書士合格ストーリー

貴方の夢は行政書士

この度は「行政書士合格ストーリー」へのご訪問誠にありがとうございます。
当サイトでは行政書士などに関する様々なお役立ち情報をお届けしています。

行政書士の資格をあなたも取得を考えてみてはいかがですか?
仕事の面だけではなく、普段の日常生活でもきっと役立つことがあるでしょう。
まさに資格の中では見逃せないモノと言えます。

さらに最近では介護に興味を持っている人が多く、介護福祉士の資格にも注目がされています。
介護の世界は厳しいですが、人のために働けるこの仕事はきっとやりがいのあるものとなるでしょう。
社会保険労務士と一緒に資格取得を考えてみてはいかがですか?

過去に「カバチタレ!」「極上カバチ」などといった行政書士のドラマが大ヒットしました。
やはり自分の生活に直接関係のありそうなことを題材にしたことがヒットの要因となったのでしょう。

これをキッカケに行政書士の資格を取得しようと頑張っている人が大勢いるのです。
もちろん中には実際に行政書士を取得して現場で仕事をしている人もいらっしゃることでしょう。



行政書士合格ストーリーブログ:2020年08月05日
母親はお腹が出ている…
しかし、姿勢は良い。

その母親がバイクに乗るところを見て
お子様のころ同級生が、
「おまえのかあちゃん直角にスクーターに乗ってる!」と
揶揄してくれたものだ。

そのスクーターの前後に
いつもたくさんのスーパーのビニール袋を乗せて
母親は仕事から家に帰ってきていた。

ブロローォン!!と
スクーターの音がしたら、
いもうとと二人で玄関に走り出て待っていた。

「お帰りなさい!なんかいいものある?」
と、そのビニール袋をガサガサと開けて
「いいもの探し」
をするのがあたし達の楽しみだった。

三連のヨーグルトやりんごなんかが出てくると、
とても嬉しかった。

「ライスの前には食べちゃダメよ」
そう言いながらも
喜ぶあたし達を見る母親は笑顔だった。

ある日いつもの時間に母親が帰ってこない、
夕方日がとても綺麗な日だった。

携帯電話など無い時代
沈んでいく夕方日とともに
あたし達の心も騒ぎ出した…

「お母さん、スクーターで転んじゃったんだろうか?」
「もしかして帰ってこなかったらどうしよう」

二人でべそをかき始めた頃…
母親はいつもよりたくさんの袋をバイクに乗せて帰ってきた。
あたし達のために
「いいもの」を探していて遅くなったのだろう。

母親のお腹に抱きついて
「どうしてこんなに遅いのよ、いなくなっちゃうのかと思った!」
そう言ってワンワン泣いた。

あの時いつもの時間に帰ってこないことをきっかけに
いつか母親が死んでしまっていなくなってしまうと
お子様心にそのことに気づいてしまった。
だから怖くて仕方なくなった。

でも、母親の柔らかなお腹の感触と体温が
その日が来るのはずっとずっと先のことだと
安心させてくれた。

行政書士合格ストーリー

行政書士合格ストーリー

★メニュー

行政書士の夢を諦めないで
年金問題にはファイナンシャルプランナー
もっと社会福祉士について勉強
介護福祉士として働いてみませんか?
資格として持っておくと便利な社会保険労務士
薬局で調剤薬局事務として働く
歯科助手の不足状態を助けよう
業界では見逃せない賃貸管理
誰もが感動をする結婚式二次会
キャッシングに関する重要事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)行政書士合格ストーリー