行政書士合格ストーリー

行政書士合格ストーリー


行政書士合格ストーリー

貴方の夢は行政書士

この度は「行政書士合格ストーリー」へのご訪問誠にありがとうございます。
当サイトでは行政書士などに関する様々なお役立ち情報をお届けしています。

行政書士の資格をあなたも取得を考えてみてはいかがですか?
仕事の面だけではなく、普段の日常生活でもきっと役立つことがあるでしょう。
まさに資格の中では見逃せないモノと言えます。

さらに最近では介護に興味を持っている人が多く、介護福祉士の資格にも注目がされています。
介護の世界は厳しいですが、人のために働けるこの仕事はきっとやりがいのあるものとなるでしょう。
社会保険労務士と一緒に資格取得を考えてみてはいかがですか?

過去に「カバチタレ!」「極上カバチ」などといった行政書士のドラマが大ヒットしました。
やはり自分の生活に直接関係のありそうなことを題材にしたことがヒットの要因となったのでしょう。

これをキッカケに行政書士の資格を取得しようと頑張っている人が大勢いるのです。
もちろん中には実際に行政書士を取得して現場で仕事をしている人もいらっしゃることでしょう。



行政書士合格ストーリーブログ:2020年01月22日
幼かったムスメが大好きだったもの、
それはあたしの「耳たぶ」。

甘えたい時、眠い時、不安な時…
いつだってムスメはあたしの耳たぶを求めた。

小さく温かい指で触れられると、
とてもくすぐったかった。
それでも、何だかほんのり心地良くって、
ついついあたしの方が先に眠りこんでしまうこともしばしばあった。

ある晩のこと。
いつもムスメの右側で寝ていたあたしは、
たまたま左側で眠っていた。

ムスメが動く気配で目が覚めると、
ムスメが右側にいる夫の方に転がっていくのが目に入った。

そして夫の耳たぶを触り始めたのである。
あれ?と思った瞬間、ムスメの手がとまり、
目がはっと見開かれるのが分かった。

右、左、ときょろきょろ頭を動かすと、
あわててあたしの方に寄ってきて、
耳たぶを触り始めたのである。

ムスメは、あたしと夫をまちがえたのだ。
でも耳たぶの感触ですぐに気づいたのだろう。
安心しきったムスメの寝顔を見ながら、思わずふきだしてしまった。

ムスメに耳たぶをゆだねている時は、
なぜか母乳をあげていた時と同じ気持ちになれた。

求められる嬉しさ、母としての喜び、
無垢な優しさがじんわりと胸に広がっていく…

けれど、ムスメはあたしの耳たぶを卒業してしまった。

遠慮がちに触っているなぁと感じるようになったある晩、
触りやすくしてあげようと頭の向きを変えた時、
ムスメの指がふと離れた。

そしてそれ以来、
ムスメの指があたしの耳たぶに触れることはなくなってしまった。

「耳たぶなんて覚えてないよ」と八才になったムスメは笑う。

それでも、あたしは決して忘れないだろう。
あの頃耳たぶに感じていた小さなぬくもりを…
ささやかな幸せの一時を…

行政書士合格ストーリー

行政書士合格ストーリー

★メニュー

行政書士の夢を諦めないで
年金問題にはファイナンシャルプランナー
もっと社会福祉士について勉強
介護福祉士として働いてみませんか?
資格として持っておくと便利な社会保険労務士
薬局で調剤薬局事務として働く
歯科助手の不足状態を助けよう
業界では見逃せない賃貸管理
誰もが感動をする結婚式二次会
キャッシングに関する重要事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)行政書士合格ストーリー